About Us


記事を投稿している人たちの略歴です


三輪玄一郎 (みわ げんいちろう)
1933年生まれ。幼いころから霊能力をもち、その力が世に知られることを恐れた家族によって能力を封印される。
戦後、日本の復興を一般人と同様に体験しながら、電電公社、地方公務員、土木建築業等を経験。日本のインフラ整備やあらゆる社会基盤の構築にかかわる。日本の高度成長、バブル崩壊、その後の失われた20年を経験し、西洋思想の優位性に疑問を持ち、東洋思想に興味を持ち、西洋思想と東洋思想の弁証的統合を試みる。 高度経済成長を続ける国や企業と、それを支えながら変容する人々の動き、さらには、敗者となった人々を別次元の視点で紐解き、東洋思想の観点から仮説、検証、考察を続ける。
現在は、静かに森の中で過ごしながら 、各界リーダーへの助言などを実施している。



松村 憲 (まつむら けん)
1979年生まれ。上智大学法学部卒、大阪大学大学院博士前期課程修了。臨床心理士。
2003年にマインドフルネス瞑想に出会い、インド、タイ、日本などで10日間以上のリトリートを十数回こなし、日々の仕事・生活の中で体験を深める。また同じ頃、個人の内面や心身のみならず社会変革にまで取り組むプロセスワークに運命的に出会い、後に米国プロセスワーク研究所にてプロセスワーク修士及びディプロマを取得。認定プロセスワーカー。共訳書にアーノルド・ミンデル著『プロセスマインド』などがある。日本臨床心理士会会員、日本トランスパーソナル学会常任理事、日本プロセスワークセンター理事及びファカルティ。スクールカウンセリングや貧困支援などの現場でも活動している。米国クリパルヨガ認定教師でもあり、都内ヨガスタジオにてマインドフルネス瞑想や、ヨガクラスを指導。バランスト・グロースLLPフェローを努め企業研修も行っている。

心と身体、スピリチュアリティをトータルに大切にする各種セッションやワークショップ、企業研修などを行う、インサイト・プラクシス代表。



野田 浩平 (のだ こうへい)
1973年生まれ。東京理科大学卒,東京工業大学大学院修了。学術博士。産業カウンセラー。
家族のメンタルヘルス不全をきっかけに臨床心理の世界へ。大学院では文理融合である認知科学の分野でウツ,不安という感情を心理学,脳科学,人工知能の手法でモデル化する。
ビジネスでは人事コンサルティング,特に採用,教育の分野で人の評価,心理アセスメント及び感情(EQ:感情知能,メンタルヘルス)の教育研修に関わる。
最近は距離的に近くて文化的に遠い国フィリピンにおけるフィリピン人の幸福観・労働観を日本人への参考とすべく教育研修プログラムの開発に励む。

共著書に『量から質に迫る 人間の複雑な感性をいかに「計る」か』,『コーチング心理学概論』がある。


小島 美佳 (こじま みか)
1974年生まれ。15歳までヨーロッパで育つ。慶応義塾大学を卒業後、アクセンチュアで組織戦略・人材開発のコンサルティングに従事し異例のスピードで昇進。アクセンチュア・ジャパン 史上 最も若い女性マネジャーとして抜擢される。その後、独立系コンサルティング企業でビジネス開発に携わる傍ら、キャリアコンサルタント及びコーチとして活動。不確実な時代の波を乗りこなす事業の在り方やビジネスパーソンとしての生き方について考えるようになる。
2010年、ビジネスの世界を離れる。精神世界の手法や瞑想などを研究しながら年間500人以上のクライアントへセラピーを行い、自らも多くの神秘体験をする。現在は、活動の世界をビジネスの場にも戻し、新たな価値創造を実現するための事業戦略、組織開発のコンサルティング、リーダーシップ研修など幅広く展開。

監訳書として、『コーチング術で部下と良い関係を築く』、共著に『「ハイパフォーマーの問題解決力」を極める』がある。

バランストグロースLLPにて マネージングパートナーを務める。


0 件のコメント:

コメントを投稿