2016年8月27日土曜日

マインドフルネスに関する5つの誤解(5)

この記事は、WEBメディア“Mindful”内の記事“5 things people get wrong about mindfulness”を和訳したものです。ご自身の瞑想やマインドフルネス活動の参考にしてください。

マインドフルネスに関する5つの誤解(1)はこちら
マインドフルネスに関する5つの誤解(2)  はこちら
マインドフルネスに関する5つの誤解(3)  はこちら
マインドフルネスに関する5つの誤解(4)  こちら


神話5:マインドフルネスは単なる次の流行産業に過ぎない

メディアやマーケティングはいいものごとを必要以上に大げさなものにしてしまいがちです。例えば今までに自然やオーガニック、環境にやさしいこと、ホリスティックに関することなどが過剰に喧伝されてきました。今マインドフルがまさにそのときを迎えようとしています。マインドフルなハンバーガー、マインドフルなペットケア、マインドフルなあれやこれや…マインドフルネスに関する様々なものが世の中に出てきています(もちろんこのウェブマガジン「マインドフル」もです)。一度何かの言葉がはやって濫用されるようになると、だんだん耳障りになってきます。でも「オーガニック」という言葉が濫用されたからといって、純粋で質の高いオーガニック製品の価値がなくなるというわけではありません。マインドフルネスに関しても同じことです。世間の人々はマインドフルネスについてよく知らないと感じていて多くの誤解を持っており、そうするといろんな人々や企業がてっとり早くあぶく銭を稼ごうとするのです。

そのような動きには偽物や模造品、いんちきがつきものです。すでにニューヨーカーやハフィントン・ポスト、エコノミスト、そしてガーディアンなどの数多の新聞、雑誌が、「マインドフルネスは大きな金になる」と主張しています。ただ、私はたくさんのマインドフルの講師を知っています。彼らの平均的な収入は、控えめに言ってささやかなものです。そして彼らのほとんどが日々の糊口をしのぐための「本業」を持っています。真っ当なマインドフルネスの講師が偽者たちを市場から締め出すためには、マインドフルネスに関する仕事できちんと生計を立てられるようになる必要があります。したがって、彼らはどのようにマインドフルネスを教えるかについて学ぶ必要があるのですが、これはかなり難しいことです。マインドフルネスの講師になりたいという思いは、例えば大学教授や聖職者となった人たちがそう感じるような職業に関する神のおぼしめしに近いものがあり、高給目当てというような不名誉な動機ではないからです。

瞑想が過剰に商業化されることの危険性はあなどれないものです。お金の問題ではありません。当然何らかの商売は行われ、瞑想を始めた人は教えてもらう誰かに相応の対価を支払うことになりますが、かといって過剰な販売はきわめて危険です。「簡単で爽やかな5分の瞑想が人生を変えるだろう」と、瞑想がまるで万能薬や特効薬のように説明されることがあります。それが本当なら素晴らしいことですが、往々にしてその言葉通りにはいかないものです。心の鍛錬はシビアな商売です。私たちの心はパワフルで驚きに満ち、基本的には健全でよきものですが、そこには竜のような激しく荒々しいものも潜んでいます。中には遺伝的あるいは後天的な精神疾患を発症する可能性もあります。私たちの心は奥底に深く暗い恐怖を抱えてもいます。私たちの生命と世界にはときに栄光と喜びが訪れますが、同時に痛みに満ちてもいます。真のマインドフルネスとは、すべての試練と困難をも含め、人生のあらゆる真実を見る視野とともに成されるものです。その境地に至るまでに我々は、自身も探求し学び続け、教えながらも共に学ぶような、よき先達を必要とします。


世間においてマインドフルネスの関心が、それ自体がもたらす純粋な恵みによって持続されるのと同時に、マインドフルネスのまがいものも次々と現れるでしょう。しかしその場しのぎの娯楽は本来の満足をもたらさないものです。今後、多くの人々が本来のマインドフルネスを探究し、見出だしていくでしょう。そして、社会全体がマインドフルネスに関する知見をより深めていくことになるでしょう。

<おわり>

2016年8月10日水曜日

陰陽五行で 季節の変わり目を健康に過ごす☆


~陰陽五行で心と体のバランスを整え、エネルギーを高めましょう~




何となく身体のエネルギーの流れがいつもと違うなぁ~と感じる時は、『陰陽五行』をちょっとだけ意識してみて下さい。不思議とエネルギーの流れが変わってきます。

『陰陽』は正反対の性質を持っていますが、反発しあうのではなく、一方の勢いが強くなりすぎないようにバランスを取り合うという働きがあります。食材にも陰陽があります。

『五行』は天地・宇宙・自然の気を考えるのに、自然界に存在する代表的な素材である木・火・土・金・水を選び、それらを働かせるエネルギー(気)が、すべてのバランスを整えていきます。




日本には四季があるので、一年に4回身体が変わると考えています。そこで『陰陽五行』を取り入れて、日本の気候・風土に合わせた身体をつくっていくことが、生命力を強くし、五感を研ぎ澄まし、心と体のバランスを整えていきます。


≪土≫ は季節の変わり目・脾・胃・甘味・黄・口・・・などが関係してきます。

脾・胃は消化と栄養の運搬です。口は土性に属し、暴飲暴食などで胃が荒れると口内炎ができたり、口の周りが荒れるなどします。
残暑は続くと思いますが、もう夏ではないので、季節の変わり目である事をしっかり意識する事が大切です。


【季節の変わり目(9月初旬)のアドバイス】

急激な温度の変化により、体温が低下し、肌が乾燥し、風邪をひいてしまいます。
夏の終わりの体をしっかりケアして、急激な温度の変化に耐えられるように体の準備をしていく事が大切です(冬を迎える準備)

●今まで、冷たいものを食べていた所を、温かい食べ物・飲み物を摂るように意識して下さい。

夏の疲労は、の疲れ・内臓の疲労で体内に余分な熱が残ったままになっている事が原因の一つです。
胃の疲れは、夏に水分を取りすぎての粘膜が弱くなっているためです。
夏は汗や水分摂取が多いため、体内の塩分が薄くなっているので、ミネラル不足になっています。野菜スープや味噌汁など良質な塩分を摂取すると良いです。

【味噌汁】
味噌汁は『飲む点滴』と言ってもいいくらい優れた栄養食です。 
緩んだ体を引き締めてくれます。また、腸の中で乳酸菌とバクテリアを増やし悪玉菌が一層されます。腸の状態が良いと、お肌の調子が良くなる。免疫力アップ。便通が良くなる。・・・など良いことがたくさんあります。






●湯船に20~30分つかることで、体内の余分な水分と体内の余分な熱を取ることができます。


甘味は、脾臓や胃の働きを補い、激しい痛みを和らげる働きがあります。
穀類や豆類、肉や魚など食品の約70%は甘味に属し、野菜にも甘味のものが多くあります。そのため、ふつうに食べていれば、十分に甘味を補給できます。 ところが、清涼飲料水や糖分の多い加工食品を頻繁に食べたり、飲んだりしていると、
甘味を多く摂りすぎてしまいます。

●夏は汗をたくさんかきますが、さほど運動はしていないので、甘味の飲食には気をつけて下さい。

飲食物は過剰摂取に気を付けて下さい。大切な事は全てのバランスを意識する事です。個々の体質はそれぞれ違います。五感で感じながら無理なく自分に合った健康法を見つけて下さい。



※ 陰陽五行の視点から身体のメンテナンスを希望される方のための 施術(90分程度 15,000円)をしています。但し、月に一度 継続的に通ってくださる方限定です。興味のある方は、下記までメールをどうぞ※



株式会社 s o l e i l
ボディセラピスト 金子昭子