2016年6月2日木曜日

【陰陽五行】 夏(火)の前に梅雨の季節


~陰陽五行で心と体のバランスを整えてエネルギーを高めましょう~







夏(火)の前に梅雨の季節

梅雨入りになる日が近づいています。 春はお腹に熱を持ってしまう時季でしたので、のどが渇き水分を多く取り過ぎてしまいがちになります。
なんとなく水分を取り過ぎたと感じている方もいるかもしれませんね。
春に水分を取り過ぎると『水滞』と言って、気圧の変化などから気・血・水の循環が滞ります。
そうすると、梅雨にだるさ、むくみの原因になります。
また、この時季にはぎっくり腰・首の痛みも多くなります。これは水分の取り過ぎで関節に影響が出るためです。
余分な水分を体に残したままにしておくと、冷えの原因にもつながります。
梅雨を乗り切るために、自分に出来る事、バランスを意識して無理せずに取り入れてみて下さい。

◎水分を取り過ぎないようにする。(特に冷たいもの取り過ぎに気を付けて下さい)
◎湯船に20分~30分位つかり、じんわり汗を出して下さい。余分な水分を出してお腹の芯まで温める。(注:サウナは体の表面の温度を下げるために出る汗です)

◎運動で汗をかく。

◎エアコンでお腹・腰回り・首を冷やさないように心がけて下さい。

梅雨を乗りきらないと、夏バテにつながってしまいます。



食事のバランスを意識
女性は陰のエネルギーが強く、男性は陽のエネルギーが強いと言われています。

陰性の食べ物は・・・体を冷やし、体を緩める(締りのない体)

陽性の食べ物は・・・体を温め、体が締まる。

冷え性のある女性は、陽性の食べ物でバランスをとるのも一つの方法です。
ここで注意してもらいたい事は、陽性の食べ物を過剰摂取しないという事です。
東洋医学では『陽極まって陰になる』『陰極まって陽になる』と言われています。やりすぎに注意するという事です。
季節の移り変わりと同じように、その時の体調・体質は変化していくものです。自分の五感で感じ取りながら、陰陽のバランスを取って食べる事が大切です。



★梅干しは3つの毒を消してくれます
お酒を飲み過ぎた日の翌朝、梅干し食べたらすごく美味しく感じた事ありませんか?
アルコールは糖質などで陰性になります。梅干しは陽性なので、自然と体が欲しがっているのかもしれません。
また、昔の人は旅に出る時は、水が変わるとお腹をこわしてしまう事があるので、必ず梅干しを常備していたようです。

このように梅干しには

《食の毒》悪い食事をしたときに、1個食べるだけで胃腸がスッキリ。

《血の毒》肉食・砂糖(甘い物)の食べ過ぎで血液が汚れ体調不良を起こしているときに血液浄化。

《水の毒》水あたりの万能薬。

3つの毒を消してくれます。

出来る限り梅干しは家で作った物や、素材が安心な物を選んで下さい。その方がエネルギーも高く、効果もあります。家で作った梅干しには愛情も入っていていいですね。



株式会社s o l e i l
ボディセラピスト 金子昭子

0 件のコメント:

コメントを投稿