2016年5月5日木曜日

【陰陽五行】 春の過ごし方


~陰陽五行で心と体のバランスを整えてエネルギーを高めましょう~



何となく身体のエネルギーの流れがいつもと違うなぁ~と感じる時は、陰陽五行をちょっとだけ意識してみて下さい。不思議とエネルギーの流れが変わってきます。

陰陽は正反対の性質を持っていますが、反発しあうのではなく、一方の勢いが強くなりすぎないようにバランスを取り合うという働きがあります。食材にも陰陽があります。

五行は天地・宇宙・自然の気を考えるのに、自然界に存在する代表的な素材である木・火・土・金・水を選び、それらを働かせるエネルギー(気)が、すべてのバランスを整えていきます。

日本には四季があるので、一年に4回身体が変わると考えています。そこで『陰陽五行』を取り入れて、日本の気候・風土に合わせた身体をつくっていくことが、生命力を強くし、心と体のバランスを整えていきます。



【木】は春・肝臓・胆のう・酸味…などが関係してきます

新緑がきれいで、芽吹きの野菜がたくさんある春です。

たけのこ・たらのめ・うど・春キャベツ…など美味しい季節ですね。

太陽の恵みを受けて育った旬の食材は気が充満しています。そのため、旬の食べ物を食べれば、生命力である気を十分に取り入ることができます。

でも、食べ過ぎには気を付けて下さい。緑の物は陰の食べ物なので、体を冷やしてしまいます。程々に食す事で、身体のバランスを調整して行きます。

酸味のある物も、いまの時期に食してもらうと肝臓・胆のうのはたらきに良いです。



このように、体や食に関する事を季節ごとにお話ししていきますので、日常にちょっとだけ意識してみて下さい。







ボディセラピスト 金子昭子