2016年4月29日金曜日

マインドフルネスに関する5つの誤解(4)

この記事は、WEBメディア“Mindful”内の記事“5 things people get wrong about mindfulness”を和訳したものです。ご自身の瞑想やマインドフルネス活動の参考にしてください。

マインドフルネスに関する5つの誤解(1)はこちら
マインドフルネスに関する5つの誤解(2)  はこちら
マインドフルネスに関する5つの誤解(3)  はこちら



神話4:マインドフルネスは完璧な殺人者や完璧な資本主義者を作り上げるために用いられる

今日、マインドフルネスは数多くの実用的な文脈の中で語られています。ここで懸念されるのは、マインドフルネスがただの知力を向上させるための便利なトリックとして片づけられてしまうことです。より大きな懸念は、マインドフルネスがどのような形であれ倫理的な影響を無視して用いられることです。この懸念を口にする批評家たちは、マインドフルネスが倫理的な観点抜きで実践された結果、世界が標的を「マインドフルに」狙うスナイパーや、映画「ウォール街」に出てくるゴードン・ゲッコーのような、マインドフルで強欲な経営者だらけになるのではないかと憂慮しています。

 しかし純粋なマインドフルネスの実践はー教え方について適切な指導を受けた経験豊富な実践者から教わるのであればーマインドフルネスの本来の状態についての理解とともに伝わり、自然とより広い意識と知的好奇心を育てるものです。それにより、人は自身と他者、コミュニティ、社会、そしてこの惑星との相互の関係性を観察し、考えるようになります。マインドフルネスはまた、その場の勢いでの衝動的な選択の根底にある基本的な価値観についてあなたに再発見し、検討し、洗練させることもできます。

警察や軍隊用に開発されたマインドフルネスのプログラムは、彼らがよりよい判断をできるように、より衝動的でない行動ができるように、そして彼らの心身に生じたトラウマを軽減させるために神経システムを調整の仕方を教えることを目的としています。政治家が我々に代わっていかなる軍事上の選択をしたとしても、兵士が持ち場で冷静さを保つことができれば彼ら自身と他者をより傷つけずに済むのは明白です。加えて、彼らの兵士としての雇用期間は短いものです。彼ら兵士が市民としての生活に戻ったときにも、瞑想の実践は彼ら自身の性格、家族、そして社会に多大なる利益をもたらすことでしょう。これはマインドフルネスを軍人に指導する人たちが持つビジョンの根幹となる部分です。

職場でのマインドフルネスプログラムは、従業員の集中力を向上させることにより彼らの労働力をより搾取できるようにするための皮肉なツールでしかないと言う人たちもいます。この視点がこれらのプログラムに参加した人たちから語られることはほとんどありません。我々のほとんどはどこかで仕事をしていて、仕事をもっと楽しみたい、そしてもっといい仕事をしたいと考えているはずです。もちろん経営者は最終的な収益を重視します。でも大抵の場合、彼らは従業員が自分たちの仕事にやりがいを感じ、自分たちの職場を働きやすいと感じることが大事だということも承知しています。そして、従業員の健やかさを向上させるプログラムは従業員と雇用者双方に利益をもたらすのです。

 どんないいものでも間違って使用される可能性はあり、実際に間違って使用されることもあるでしょう。でも、マインドフルネスの実践がマインドフルな狙撃手やマインドフルな反社会的企業人といった怪物を作り上げるというのは、人々を扇動するデマにすぎません。「同性婚はやがて犬や猫との結婚につながる」といったような極端な言説は、それによって自分たちの信ずる何かに利益をもたらしたいと考える人が用いる閃光弾のようなものです。マインドフルネスのトレーニングは、あなたが下すべき倫理的な選択を代わりに決定するものではありません。それは、あなたがあなた自身のためによりそれらの選択をしやすくさせるものなのです。

<続く>

0 件のコメント:

コメントを投稿