2016年2月29日月曜日

<体験レポート>ブッククラブ「組織にマインドフルネスを導入する」第2回に参加して

マインドフルネスに関するセミナーへ参加して内容、感想をシェアする体験レポート、
今回はブッククラブ「組織にマインドフルネスを導入する」2です。



 28日(月)夜、バランストグロースオフィスにて、ブッククラブ「組織にマインドフルネスを導入する」の2が開催されました。この会では、現在「Mindfulness in Organizations : Foundations , Research , and  Application(組織におけるマインドフルネス:理論の基礎、研究、組織への適用)」という本の内容のシェア、講師と参加者で本の内容についてのディスカッション、そして瞑想の体験などをしています。講師は小島美佳さんと松村憲さんで、お2人が各回交代で各章の内容を紹介されています。今回は、私の他に、ビジネススクール勤務の方、非営利法人勤務の方など男性4名が参加されていました。

<はじめに>
最初にアイスブレイクとして、名前の後に今日の体調、そして今日1日の中でどのような感情が生じていたか、どのような思考が多くを占めていたか、またこの終了後どんな気持ちで帰りたいかについて1人ずつ話しました。話をする前に自分で少し考える時間があります。考えてみると、1日の中でも案外いろんな気分になっているものだな、という発見がありました。参加されている皆さんのお話を聞くのも面白かったです。皆さんのお話を聞いていると、1日の中でいろんな人と会って、いろんなことが起こって感情が動いているのだというのが分かりました。また、1日何が起こって何を感じたか、という内容をシェアするだけでその人のことが分かった気持ちになり、一気に参加者の皆さんと距離が縮まったような気がしたのも興味深かったです。

<ボディスキャンの体験>
その後、本の内容のシェアに入る前にマインドフルネスの状態を少し体験してみるということで、数分間ボディスキャンという瞑想を行いました。私は日常的に瞑想を行う習慣を持っていないため、久しぶりの瞑想となりました。ボディスキャンは、まず自分の呼吸に意識を向け、その後、身体の部位に順番に意識を向けて感じてみるというものです。会場に来て読書会が始まってから15分も経っていないうちに瞑想が始まりましたが、小島さんの誘導瞑想でスムーズに身体の部位に意識を向けることができました。腕や足、足の裏などに意識を向けてみると、意識して感じる部分は感覚が鋭くなるためか、足の裏に意識を向けたときはいきなり血流が上がった感じがして、足の裏が異様にくすぐったく感じたので少し困りました。

<自分のアイデンティティについて考えてみる>
 その後、今回シェアする内容のテーマであるアイデンティティについて自分なりに考えてみるために、「あなたは誰ですか?どのような人でしょう?自分のアイデンティティについて書いてみましょう」という問いがあり、それについてまず自分で考え、その後他の人とシェアするということをしました。

<マインドフルネスとアイデンティティと仕事>
その後、いよいよ本の内容に入っていきました。今回は「Mindfulness in Organizations : Foundations , Research , and  Application」の第6章「Mindfulness, Identity and work : mindfulness training creates more flexible sense of self(マインドフルネスとアイデンティティと仕事:マインドフルネストレーニングが自己に対する柔軟性をつくり出す)」の内容のシェアでした。

マインドフルネスな状態になるためのエクササイズを行うことは、リラックス効果を高めるだけでなく生産性を上げるなど様々な効果があることが研究で分かってきていますが、第6章で紹介されているのは、「マインドフルネスのトレーニングはアイデンティティの変容にも影響を与える」というものです。近年、ビジネスシーンでも社員のアイデンティティに働きかける研修が行われています。第6章には、マインドフルネスがアイデンティティにどのように働きかけるのかを研究したケースが書かれています。

<研究の内容>
研究において、被験者は、「Mindfulness Based Stress ReductionMBSR)マインドフルネスに基づくストレス軽減法」と呼ばれるマインドフルネスのトレーニングを受けました。研究者は、トレーニング前後で被験者にインタビューを行い、考え方にどのような違いが生まれたか調べました。

まず、この研究の前提に、アイデンティティを3つに分けて定義する考え方があります。考え方の元となるのは、ヘイズの考案した「関係フレーム理論」です。関係フレーム理論では、人間には以下の3つの自己理解があるとされます。

Self-As-Story : Conceptualized self 物語としての自己
―「私たちは誰かという」説明(公私含む)、自分のラベル、記憶、プラン、経験、説明。今ここではなく、過去の経験、過去の経験の結果としての特徴など。一貫性、正確性を持ち、安定している必要がある(物語としての自己に矛盾があるとつらい)。これまでの経験や社会的規範によりかなり固定化していることも多い。

Self-As-Process : The experiencing self プロセスとしての自己(経験する自己)
―持続する、より柔軟な今この瞬間の言語による自己理解。自分が今この瞬間に体験していることの説明。マインドフルネスでいう今ここに生じる思考、フィーリング、感覚、イメージのダイナミズムを指す。自分に生じていることをモニターできることは、自己統御できていることの好例である。

Self-As-Perspective : The transcendent self パースペクティブとしての自己 超越した自己
―体験の観察者としての第三の自己。変わらない視点(5歳の時点でも45歳の時点でもSelf-As-Perspectiveは同じ)起きていることに対して感情や感覚で反応するのではなく、純粋に事象として観察する視点。究極の客観的な自己。

研究では、以下の仮説を基に進められました。
マインドフルネストレーニングは、
・物語としての自己、特に厳格で規範的な自己を減少させる
・プロセスとしての自己からの体験的な発言が増える
・超越した自己の視点からの発言も増え、精神的な経験を含めた自己を観察するようになる

これらの仮説を検証するために、3つの自己理解を以下の5つのコードに分けました。
SRS  Self-As-Story rigid self 物語としての固定的な自己 
  規範的な自己、「●●であるべき」「●●であらなければならない」などの考えに基づいて
  構成される自己
SFS   Self-As-Story flexible self 物語としての柔軟な自己
    規範的ではなく、「●●でなくてもよい」「私は変化する存在である」などの考えに基づく
  柔軟性のある自己
SP    Self-As-Process プロセスとしての自己
    今ここで物事を体験する自己、経験に基づくのではなくそのときの感覚に基づき今ここを
  体験する自己
SX1  Self-As-Perspective 視点としての自己1 
    その時起こった出来事から自分自身を切り離せている自己。思考や感情が影響されない
    ニュートラルな状態で、出来事が作り出す感覚の中にマインドはいない状態
SX2  Self-As-Perspective 視点としての自己2
    自分のマインドが一つの「器」と認識できており、マインドの中で起こっていた思考や
    感情など、あらゆる傾向のすべてを客観的に分析できている状態。SX1よりも
    さらに客観的で、出来事はすでにあらゆる事象の一つとして認識できている状態

この5つのコードを用いて、マインドフルネストレーニングの前後のインタビューで被験者が自身のことをどのように感じているか話の内容を分類し、どのような変化が見られたか検証しました。

その結果、53歳女性のインタビューでは、
MBSR前には「ミスに関して単なる失敗ではなく彼女のこれまでの人生で成してきたことに対する脅威であると感じている」(SRSがより多い)
と語ったのに対し、
MBSR後では「フィーリングや思考への新たな関わり方ができるようになり、ミスをすることよりも大きな、違ったアイデンティティを意識できた」(SFSSPSXが増える)
というような変化が見られました。 また、インタビューを行うこと自体が、被験者にとってアイデンティティを整理するのに有益であったということも述べられていました。

マインドフルネスのトレーニングにより、自分への考え方、つまり自分のアイデンティティの捉え方にも変化を起こすことが可能であるということが示唆される内容でした。研究は、
・組織の文脈では、トレーニングによって視点としての自己を獲得することで、よりポジティブでサポ―ティブな関係性へと導くことが期待できる
・インタビュー自体が被験者にとって有益だったのが驚きだった。自己について話すこと、また
自己の3つの形態について学び、自己を語る概念を新たに持つことはそれだけでコーチングの介入になる。私たちの方法はスタッフを選ぶ際や、人材開発において、アイデンティティのより深い量的な要素を計れるかもしれない。
とまとめられています。

  これらの内容を、都度質疑応答(例えば「視点としての自己の5歳と45歳で一緒というのはどういうこと?」や「経験する自己と視点としての自己の違いは?」など)や話し合いをして、理解していきました。

<ディスカッション>
内容のシェアの後のディスカッションでは、
・検証を十分に行うためには被験者が少ないのでは?(被験者は2名)
MBSRを組織で行うにはかなりの労力がかかる(8週間毎日1時間の瞑想を行うなどが必要)。どれぐらいのボリュームのマインドフルネストレーニングを行えば、変化を起こすだけの効果が見込めるのか?
90年代からEQEmotional Intelligence Quotientの略で「心の知能指数」と訳される)という概念はあったが、そのときと今の状況はどう違うのか?→当時は生産性を高めるという目的でアイデンティティへのアプローチを行っていたが、近年はより包括的な自分のあり方や視点を変えるためにアイデンティティへのアプローチが行われる。
などの話が出ました。
私は、そもそもなぜビジネスシーンにおいてアイデンティティへ働きかけることが重視されているのか少し疑問に思い、質問してみました。聞いてみて分かったこととしては、近年のビジネスシーンにおいては、固定的な視点ではなくいろいろな視点からものごとを見て考えることが求められていること、また、変化に対応し変化を受け入れるためには、自分のアイデンティティの把握(しかもできれば肯定的な自己把握)が必要、ということでした。

<再び誘導瞑想>
ディスカッションの後、マインドフルネストレーニングを少し体験するために、再び誘導瞑想が行われました。今回の誘導瞑想は、「宇宙まで意識を拡張し、そこから今の自分の姿を見てみる」というものです。小島さんの誘導瞑想で、自分の身体から今いる部屋、そして東京、そして日本、地球、宇宙…とどんどん意識が広がっていくイメージをします。そして、宇宙まで意識が拡張されたイメージができたら、そこから今の自分を見て感じてみるのです。瞑想の後に感想をシェアした際、「宇宙まで意識を持っていけなかった」という方もいました。この瞑想は、「宇宙まで意識を広げられなければ失敗」というものではなく、あくまでいつもの自分と視点を変えてみる体験を行うということです。なので、瞑想での到達点は人それぞれでいいのだと思います。

<おわりに>
その後も、マインドフルネスな感覚を取り入れた会社はどのようなものになっていくのか?マインドフルネスと利益追求はどのように両立するのか?というような話し合いが行われたりと、マインドフルネスとビジネスについて理解を深めることのできた有意義な時間となりました。

マインドフルネストレーニングが具体的にどのような影響を及ぼすかに関しては、今後も研究によってますます分かることが多くなりそうです。海外の最新事例が載っている「Mindfulness in Organizations : Foundations , Research , and  Application」は日本語版がまだ出版されていないため、内容をこのようにシェアしてもらえる場があるのはとてもいいなと思いました。また、マインドフルネスに関心がある人たち同士、疑問や感想を出し合ってディスカッションできるという点でも貴重な場だと感じました。

次回のブッククラブは311日(金)に開催されます。次回は「Mindfulness in Organizations : Foundations , Research , and  Application」の第7章「Improving decision making through mindfulness(マインドフルネスを通して意思決定を向上させる)」をカバーする予定です。ご興味のある方はぜひ参加してみてください。詳細はこちら


2016年2月17日水曜日

マインドフルネスに関する5つの誤解(2)

この記事は、WEBメディア“Mindful”内の記事“5 things people get wrong about mindfulness”を和訳したものです。ご自身の瞑想やマインドフルネス活動の参考にしてください。
マインドフルネスに関する5つの誤解(1)はこちら




神話2:瞑想の結果得られるのは、退屈で当たり障りのない、カルト的な平穏さと自己満足である

瞑想の「実践」と、瞑想を実践して得られるであろうと予測される「結果」を混同するのは簡単です。瞑想するとき、私たちは普段よりスローダウンする(動きはほんの少しに、あるいは全くなくなり、思考はだんだん減速していきます)ため、瞑想の実践家たちは皆、行うことが全て、永遠にゆっくりになる、と考えられるのは確かに自然なことです。例えばこんなふうに思われていることがあります―瞑想の実践者は手早く料理を作ったりスプリンターになることはできない。彼らは一度に一つのことを、一度に一つの思考を大事に、スローモーションで行う。航空管制官なら、瞑想のことを忘れることができるだろう。

この神話的な言説によれば、瞑想の実践家は個性も当たり障りもなく、常に恍惚として、もう死んでいるような状態にあるということになります。あまりにも自分自身の思考の中に包み込まれているために、世俗のことを考える時間がないのです。彼らは平和主義者であるだけでなく、受動主義者です。怒りも、欲望も、皮肉やユーモアさえ許されていません。常に、いかなるときも、真面目くさっているのです。

これらの考えは古いステレオタイプですが、しかし全てのステレオタイプと同様に悪質で色あせないものです。そして、このステレオタイプは新しい評論家によって新しい意味付けをされます。最近発売された「良質な」雑誌の冗長なエッセイでは、執筆者は自身の瞑想に費やした多くの年月を嘆いていました。曰く「私はあまりにもスローペースで行動し、そしてヨガや瞑想、自分を恥じる思考を手なずけることに興じる金銭的余裕のある仲間内以外の世界で何かを成し遂げたり、参加することがあまりにも少なかった」。

マインドフル瞑想を勧める人はあなたに思考を「管理」し「監視」する(そのエッセイの執筆者がよく用いた言葉です)ことを要求しーそして、世界では何も成し遂げることなく―物事の焦点を見失うことが往々にしてあります。瞑想の実践の間、なぜスローダウンが必要なのかというと、瞑想をする人が、自分自身の思考がどのように働いているかを見ることができるようにするためです。私たちがよく知っているように、思考には無数のタイプがあります(シャイ、外交的、素早い、のんびり、野心的、内省的…)。そして、それぞれの思考には感情の膨大な組み合わせがあります(悲しみから熱狂、そしてその間にあるいくつもの色合い、その中には説明を拒むいろんな感情の複合体も含まれます)。健全な思考と健全なコミュニティは、多様性に満ち、それを構成する全ての素晴らしいパーツを最大限活用することができます。

瞑想を研究している先進的な機関の1つはまさにそのようにして成り立っています。ウィスコンシン大学マディソン校にある、神経科学者であり感情の専門家であるリッチー・ディヴィッドソンによって設立された健全な精神を研究するセンターでは、この言葉を、幅広い能力のフル活用を可能にする好奇心を呼び覚ますために活用しています。

瞑想は心の健全性を確立させることのできるものです。同一性の退屈の中に我々を落とし込むものではありません。マインドフルネスを実践することで、私たちは自分自身をより自由にし、豊かでユニークな全ての人生の瞬間を味わうことを可能にするのです。
<(3)に続く>


2016年2月2日火曜日

【セミナー】 ブッククラブ:組織とマインドフルネス



※ お申込みはこちらへ http://mindfulnessinorganizations.peatix.com/view ※

2016/02/08 (月) 19:00 - 21:00 @ 銀座オフィス

【概要】
"Mindfulness in Organizations: Foundations, Research, and Applications" が出版されました。
マインドフルネスにかかわる権威ある教授たちが ビジネスの場面でマインドフルネスが導入されている実態を調査し、それぞれの領域における結論を導いたものです。どうすれば職場にマインドフルネスを導入できるのか。また、その効果は?
英語の学術的な難しい文章なので、それを読むにはエネルギーがかかりすぎる… 興味はあるけれど 本は高いので買いたくないな… という皆さんに マインドフルネスに長く関わる 松村憲 と 小島美佳 が1章ずつ丁寧に解説。最後にゆったりと誘導瞑想を行うというシリーズになっています。
1回ずつが完結するエピソードになっていますので、初めての方でも飛び入りOKです。
テーマ:
2015/12/02 ”5. Applying mindfulness in the context of work: mindfulness-based interventions”
2016/02/08 "6. Mindfulness, identity and work: mindfulness training creates a more flexible sense of self"




【アジェンダ】



マインドフルネスとは?
"Mindfulness in Organizations: Foundations, Research, and Applications" を読み解く
リーダーの意志決定とマインドフルネス
マインドフルネスを職場に導入するには?






【講師】


松村 憲 (まつむら けん)
上智大学法学部卒、大阪大学大学院博士前期課程修了。臨床心理士。

2003年にマインドフルネス瞑想に出会い、インド、タイ、日本などで10日間以上のリトリートを十数回こなし、日々の仕事・生活の中で体験を深める。また同じ頃、個人の内面や心身のみならず社会変革にまで取り組むプロセスワークに運命的に出会い、後に米国プロセスワーク研究所にてプロセスワーク修士及びディプロマを取得。認定プロセスワーカー。共訳書にアーノルド・ミンデル著『プロセスマインド』などがある。日本臨床心理士会会員、日本トランスパーソナル学会常任理事、日本プロセスワークセンター理事及びファカルティ。スクールカウンセリングや貧困支援などの現場でも活動している。米国クリパルヨガ認定教師でもあり、都内ヨガスタジオにてマインドフルネス瞑想や、ヨガクラスを指導。バランスト・グロースLLPフェローを努め企業研修も行っている。

心と身体、スピリチュアリティをトータルに大切にする各種セッションやワークショップ、企業研修などを行う、インサイト・プラクシス代表。




小島美佳 (こじま みか)


15歳までヨーロッパで育つ。慶応義塾大学を卒業後、アクセンチュアで組織戦略・人材開発のコンサルティングに従事し異例のスピードで昇進。アクセンチュア・ジャパン 史上 最も若い女性マネジャーとして抜擢される。その後、独立系コンサルティング企業でビジネス開発に携わる傍ら、キャリアコンサルタント及びコーチとして活動。不確実な時代の波を乗りこなす事業の在り方やビジネスパーソンとしての生き方について考えるようになる。
2010年、一旦ビジネスの世界を離れ、精神世界の手法や瞑想などを研究しながら年間500人以上のクライアントへセラピーを行い、自らも多くの神秘体験をする。2012年よりバランスト・グロースパートナー。現在は、活動の世界をビジネスの場にも戻し、新たな価値創造を実現するための事業戦略、組織開発のコンサルティング、リーダーシップ研修など幅広く展開。


GCDF キャリアコンサルタント 913号
CTI応用コース修了 (第60期)
シータヒーリング認定マスター
監訳書として、『コーチング術で部下と良い関係を築く(ファーストプレス)』、共著に『「ハイパフォーマーの問題解決力」を極める(ファーストプレス)』がある。